2006年09月11日

Teddy Rok 7 a.k.a. Teppo Mäkynen

Teddy Rok 7

The Five Corners Quintetのリーダーであり、

フィンランドのジャズにみならずをラテン、ポップミュージックの

鍵となる重要人物の初リーダーアルバム。

テッポのミュージック・ラヴァーぶりが十分に堪能できる

かなり内容の濃い一枚に仕上がっている。

本人談のとおり、音楽で世界の旅ができればといった楽曲群で、

フェラ・クティっぽいアフロ・グルーヴから、マーヴィン・ゲイ

@I want youのアルバムに収録されているようなアナログシンセ

の音色を駆使して、聴くたびに異なる印象を持てる不思議なアルバム。
 

続きを読む
タグ:JAZZ
posted by terve111 at 23:49| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | Finland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。